読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦うWebディレクター

中堅制作会社で中間管理職のWebディレクターが戦ってます

Webディレクターになるためには

 
今回はWebディレクターになるための心構えみたいなお話をします。  
 

Web制作の役割(職種)を理解する

まず第一に、Web制作も現場において、どのような役割の人たちがいるかを知る事から始めましょう。Web制作現場には、大きく分類すると以下の5業種の人たちがいます。
  • 営業(プロデューサー)
  • ディレクター
  • デザイナー
  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
兼任してる事はあれど、ひとつのサイトを作る案件では最低でも5人は必要ということです。この中で、未経験や新卒からいきなりなる事が難しいのが、ディレクターです。広告代理店や求人媒体なんかは、いきなりディレクターのケースもありますが、制作の現場では、だいたいは何かを経由してディレクターとなることが大半です。ということで、ディレクターになる足がかりとして、まず何になるのかを考えます。これは自分の適正を見て決めていけばOKです。感覚的には営業やデザイナーからディレクターに昇格するパターンが多いと感じます。エンジニア系はそもそもディレクター志望が少なく、極めたい系の人が多いような気がします。私は元々グラフィックデザイナーだったのもあって、デザイナーからディレクターへの道を目指しました。
 

デザイナーからディレクターになる

デザイナーからディレクターになるパターンが多いですが、どのようになるかと言うと、それなりに経験を積んだ後に希望すればなれる場合が多いです。ただ、デザイナーとして経験を積めば良いのではなく、ディレクターの視点を持ちデザイナーとして案件に携わっていく事が重要です。小さい案件だとディレクターを必要とせずに、クライアントとのやり取りを直接デザイナーが行う事も多いですが、それだけだとディレクターっぽいデザイナーにしかなれませんので、ディレクターの視点を持って仕事に取り組んでいくことがディレクターへの近道です。例えば、ディレクターが立つ案件にデザイナーとしてアサインされたら、ディレクターがどんな仕事しているかを、しっかり見るようにしましょう。そして自分だったらどう動くかを常に考えながら仕事していくと良いと思います。とにかく意識が大切。まずはディレクター目線を持ったデザイナーを目指しましょう。
 

ディレクターになるための目標設定

なんとなくの方法は書いてきましたが、やはり一番大切なのは「意志」です。ディレクターになりたいと考えているのなら、明確な目標を持っていた方が早くディレクターになれます。。よく「ゆくゆくはディレクターになりたいです」という人がいますが、あれはダメです。明確に「○年後にはディレクターになる」という目標設定をしましょう。そうすると目の前の仕事に追われるだけでなく、必要なスキルを習得していこうという考えが生まれます。
 

ディレクターになるために必要なスキル

ディレクターには本当に様々なスキルが必要になってきます。その中でも私が一番大切だと思ってるスキルは、「学び続ける姿勢」です。厳密に言うとスキルじゃないですね。でも大切です。Webの世界は常に進化し続けています。終わりがないのです。なので、ここまでいったらマスターという概念がないのです。毎年トレンドも変わりますし、技術は常に進化していきます。そこに付いていかなければ、ディレクターとしてスキルダウンしていきます。とにかく最新のものを吸収し続けて、それを活かしてアウトプットしていく。これがディレクターにとって一番大切なスキルだと考えています。
 

ディレクターになるための行動

物事の見方を常に俯瞰的かつ客観的に見られるようにしておく事が大切です。Web制作は、ユーザの事を第一に考えなければいけないのですが、このユーザは自分ではありません。自分がターゲットと合致する場合もありますが、多くの場合は違います。そういった差異が出てきているのにも関わらず、「自分だったら…」という視点しかないと、ターゲットから外れたものになっていきます。常にペルソナをたてて物事を考えていくクセをつけていく事で、ディレクターとしてもスキルアップしていけます。
 

ディレクターになった後は?

ディレクターになった後も日々新しい事をインプットし続けていくことが大切です。Web屋さんは、良くも悪くも終わりのない戦いです。インプットを続けていないと、アウトプットが常に同じものになっていき、どんどんテンプレート化されていきます。その分、効率化されて作業のスピードは上がっていくのですが、それがディレクターに求められている事ではありません。
常に変わり続ける環境に適応していき、新しい技術と知識を習得して、現段階での最適のアウトプットをしていく事がミッションとなります。
 
なるのも大変ですが、なった後はもっと大変。それがWebディレクターのお仕事だと思っています。
 

実際にディレクターになった軌跡

自分が実際にどうやってWebディレクターになったのかは、こちらを御覧ください。ディレクターになった軌跡を簡単にまとめています。