読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦うWebディレクター

中堅制作会社で中間管理職のWebディレクターが戦ってます

Webディレクターへの道のり(フリーランス終了編)

最近ブログで過去を書いてるためか、昔の事をよく思い出して、よくここまできたなぁ、と感慨に浸る事が多くなりました。

どうも、ノツメです。

 

前回までのお話

フリーランスでの活動を始めたところまでお話しました。今回はその続きです。

フリーランス生活も終わりを告げます。

notsume.hatenablog.com

 

フリーランスの生活

だいたい月に20〜30万円程の収入で、それなりに安定的に仕事はあるものの、いまひとつ突き抜けられませんでした。仕事を持ってくる営業が売上の半分を持っていくのでしょうがないのですが、金銭的に将来的に不安を感じ始めます。

不安で夜寝られないので、夜中に仕事をする生活になり昼夜が完全に逆転。しばらく昼夜逆転させてると辛くなってくるので、そのうちちゃんとした生活に戻ります。ただ、しばらくするとまた昼夜逆転。とにかくその繰り返しです。

収入面を考えるととにかく将来が不安。しかし仕事をガシガシしたいワケではない。アイデア勝負で何かしたい、という気持ちはあれど、スキルが付いていかない。

悶々とする日々が続きます。

 

Webサービスを立ち上げるチャンス到来

その頃は「何かWebサービス的なものを始めたい」という人が非常に多く、ちょくちょく相談を受けたりしてました。ただ、その多くは「最初の資金は払わない、儲かったらその分は分配するから、こういうもの作ってくれる?」という話でビジネスにならない事ばかりでした。

そんな中、初期資金もそれなりに用意してくれて運営もある程度考えてる人からのお誘いがありました。初期では500万円くらいは用意してくれるとのことで俄然気合が入ります。色々と提案したり動いたりしましたが、結局はイニシャルコストのある程度はお前も負担しろ、やっぱり500万円も出せない、リリース後は無料で運営しろ、となり流石に断念しました。この話がうまく行ってたら、今もフリーでやっていたかも。

 

営業の裏切り

フリーでの活動も1年になろうとしていた時のことです。パートナーとして一緒にやっていた営業の人がお金の事を誤魔化すようになってきました。最初に取り決めた金額をもらえなかったり、納品直後に理由なく減額されたり、払わなきゃいけないお金を払っていなかったり、という事が目につくようになってきました。後からわかったことですが、遊ぶお金がなくなって近くにあるお金に手を付けた、という事だったようです。そんな事が続いたことから、信頼を失い関係を解消。フリーで続けていく事も考えるようになります。

 

「大きい仕事がしたい」という欲求

細かい仕事を数多くこなす事でしか稼げない実情。しかもその細かい仕事が永続的にあるわけでもなく、仕事を持ってきてくれた営業との関係も解消した事で、将来への不安がさらに高まります。もっと大きくて多くの人が見る仕事に携わりたいという欲求も出てきて、再就職を決意します。

 

いざ!就活へ!

2ヶ月程就職活動をして、2社内定をもらえました。2社の条件はほぼ同じでしたが、会社の規模を大きい方を選択。元々、大きい仕事がしたいというのが目的でしたからね。

この時からフリーランスから会社員として生きていくことになりました。

 

ちなみにフリーランスの時代は、全部自分で手を動かして制作してたので、ディレクターっていうよりはまだデザイナーでしたね。目指せディレクター!